血糖値を測ってみよう

ローカーボを行う際に重要なのは、
自分が、何を食べたらどれくらい血糖値があがるのか
を知ることです。

それには、空腹時、食後60分、食後120分の血糖値を
測定する必要があります。

血糖値測定器を使えば、
自分で簡単に血糖値を測ることができます。

なぜか日本では保険が効かないので、
高価になってしまうのですが、
しょうがありません。

血糖値測定器は、複数のメーカーから発売されていますが、
私はニプロというメーカーが販売している、
以下の商品を使っています。

交換が必要な消耗品は以下の2つです。

武井薬局(The New DrugStore) / ニプロFS血糖センサーライト 25枚入り
(センサーはAmazonとかにありませんでした)

測定器やセンサーの種類については、こちらに詳しく書きました。
ニプロの血糖値測定器の種類

血糖値は、少量の血を取って、測定するのですが、
この機種は他の機種に比べて必要な血液量がとても少ないため、
針で刺したときに痛くない
そうなのです。

出てきた血で2mmほどのふくらみがあれば、測定できます。
他のを使ったことがないので、比較できませんが、
まぁガマンできない痛さではないです。

血糖値の測定は、
食前と食後の血糖値の変化
を調べるために行います。

  • 食前
  • 食後30分
  • 食後60分
  • 食後120分
  • 食後180分

ぐらいを測定すると、血糖値がどう変化していくかがわかります。

食事によっても、血糖値の変化は変わります。
同じ重量の炭水化物でも、白米、玄米、パン、うどん、そばなどで
血糖値の上がり方が異なります。

血糖値の変化を把握する目的は、
血糖値が高い状態を長くつくらない
ことです。

血糖値の変化には個人差がありますので、
自分がどういった上がり方をするのかを
知る上で、血糖値の測定器はとても便利です。


簡単にカーボカウントができる糖質量計算機、
カーボカウンターを作りました!
カーボカウンター

血糖値のデータをグラフ化する、
血糖値チャートメーカーも作ってみました!
血糖値チャート作成ツール Lite

どちらも無料で使用できます!
活用してみてください!

コメントを残す

トラックバック URL

https://www.low-carbo.net/archives/54/trackback

PAGE TOP